子どもにも地球にもやさしい「おやさいクレヨン」

Chiho

お絵描きが大好きな子どもにとって大切な道具「クレヨン」。でも幼い子どものうちは、遊んでいる間に口に入れてしまわないか、手についたクレヨンが口に入ってしまうことはないかと、気になってしまうこともありますよね。1人のママがDIY精神でつくった、自然と体にやさしいクレヨンがクラウドファンディングサイト「キックスターター」でプロジェクト販売されているのでご紹介します。

野菜と米ぬかできた「おやさいクレヨン」

野菜と米油(米ぬか)でつくられたクレヨンの名は「おやさいクレヨン」。

野菜そのものの色や匂いがするこのクレヨンは、口に入れても安全な食材でつくられていることに加え、その材料の調達先にもこだわってつくられています。

市場に流れない地元青森の「規格外品」や「端材」を使用することで、フードロスという社会問題にも貢献できるのです。

日本らしい色味のやさしいクレヨンを世界へ

色には「緑色」や「黄色」ではなく「きゃべつ」や「にんじん」といった野菜の名前が付けられているのも可愛らしいですよね。

色を塗ると、馴染みのある香りがほんのりと。少しざらざらとした描き心地は、土や野菜の感触を思わせます。

日本の原料を使い、日本発のエコ製品として生まれた「おやさいクレヨン」を世界に広めようと、英語表記パッケージ等の制作資金を確保するために、クラウドファンディングを行なっているそう。

世界中のママや子どもたちに愛されるクレヨンになるといいですよね。クラウドファンディングは5月17日まで。

クラウドファンディングサイトを見る

問い合わせ先/mizuiro株式会社
https://oyasai-crayon.com/

Chiho
この記事をかいた人
Chiho

ミソシル編集部エディターのちほです。高校生の男の子と女の子がいる4人家族で、家事と仕事の両立に大奮闘!掃除も料理もムリせず楽しみながらできるようなコツや情報をお届けしたいと思っています。

東京かあさん

#TAGタグから探す