家事分担を楽しく対話するゲーム「FiftyFifty」イケアがリリース

Chiho

イケアが国際女性デーを記念して、家庭内のジェンダー不平等にスポットをあてた、おもしろいゲームをInstagramで配信しています。パートナーと一緒にゲームにトライすることで、家事分担を見つめる機会になりそうです。

国際女性デーにイケアがリリース「家事分担ゲーム」

こんばんは。ライターのChihoです。今日、3月8日は国際女性デー。

女性の生き方を考える1日として、世界中でイベントなどが開かれています。

わたしも働く女性のひとりとして、共に暮らすパートナーとの家事分担は、日々のケンカの種(笑)

そんな女性たちのために、イケアは「家庭内ジェンダーの平等性」をテーマにしたおもしろいゲームを、Instagramのストーリーにアップしています。

家事負担のバランス改善に向け、ともに暮らすパートナーと楽しいオープンな対話をするきっかけとなるゲーム「FiftyFifty」をぜひ見てみてください。

開発は心理療法士が参加する本格心理ゲーム

開発には、人間関係を専門とする心理療法士のジェニー・ミラー氏が協力。いくつかの質問をパートナーと見つめることで、家庭内での役割や見えない家事に前向きな形で光を当て、パートナーとの対話を促していきます。

例えば「一番好きな家事は?一番嫌いな家事は?」とお互いが家事をどう捉えているかを知ったり「他の人に気づかれない“見えない家事”をやっている?」のように、知らない間に相手がしてくれている家事を知るきっかけになったりする質問がつづきます。

パンデミックで広がる家庭内ジェンダー格差

パートナーや夫と暮らす女性が抱えるストレスの上位にあがる「家事の分担」。どこかで「女性がするのがあたり前」になっていて、男性が主語になったとたん「手伝う」という形に変わるのも、不平等の産物ですよね。

パンデミックの影響で、これまで以上にパートナーや家族と共有する時間が増えるなか、家事負担における不平等がさらに明らかになっているのだそうです。「Womens Budget Group」の調査では、パンデミックによる家事の増加は女性の方が男性よりも顕著であることが示唆されています。

さらに「OECD(経済協力開発機構)」によると、無報酬での家族の世話や家事で、女性が担う負担は、世界全体で男性の最大3倍に上るんだとか。そのほかにも興味深い数字が、イケアの特設サイトでは紹介されています。

「家事を頼みにくい」「きっと彼にはできないから、わたしがやるしかない」と、家事や育児をひとりで抱えて頑張る女性のみなさん。今夜はさりげなく「FiftyFifty」を話に交えて、パートナーとゲームにトライしてみませんか?

彼にほんの少し、気づいてもらえるだけでも、何か変わるかもしれませんよ。

IKEA の Instagramを見る

問い合わせ先/イケア・ジャパン株式会社
https://www.ikea.com/jp/ja/

Chiho
この記事をかいた人
Chiho

ミソシル編集部エディターのちほです。高校生の男の子と女の子がいる4人家族で、家事と仕事の両立に大奮闘!掃除も料理もムリせず楽しみながらできるようなコツや情報をお届けしたいと思っています。

東京かあさん

#TAGタグから探す