共働き夫婦、みんなはお財布どうしてる?新刊「書けば貯まる!共働きにピッタリな一生モノの家計管理」

ミソシル編集部

共働き夫婦からの家計見直し相談を行う、人気のファイナンシャルプランナーが執筆した「書けば貯まる!共働きにピッタリな一生モノの家計管理」が12月7日に発売開始!他人にはなかなか聞けない、パートナーとも語りにくい、家計の見直しをステップを踏んでしっかりと取り組みことができる1冊。

いまの収入から考える将来設計とは 「書けば貯まる!共働きにピッタリな一生モノの家計管理」発売

「書けば貯まる!共働きにピッタリな一生モノの家計管理」

「書けば貯まる!共働きにピッタリな一生モノの家計管理」1,500円

共働きに特化し、年間200件もの家計見直し相談を行う人気のファイナンシャルプランナーが、そのノウハウを惜しみなく綴った新刊「書けば貯まる!共働きにピッタリな一生モノの家計管理」が12月7日に発売されました。

共働きが増えた現代、妻と夫双方の収入をどう共有し、管理していくかは家庭それぞれです。周りはどうしているのだろうと気になる人も多いけれど、なかなか深くは聞けないですよね。さらに、パートナーにもお金の話はしづらかったりするものです。

不景気が長く続く現代、預金の増え方やお金の使い方に悩み、いつも漠然とした将来への不安を抱えている人も少なくないようです。実は「生活費○円でやりくり」しているけれど、結局それに収まらない家庭や「それなりに収入がある」と思い、どんぶり勘定している家庭は要注意!

4つのステップで考える「貯まる家計」

この本では、4つのステップで書き込みシートを使いながら「貯まる家計」を作ることができます。まずステップ1では、家計の健全度合いをチェック。現在地から目的地までの距離を把握します。ステップ2では、何にお金を使っているかをチェックします。わが家のお金の使い方に合わせた予算を考えるためです。

ステップ3では、今後貯める必要のあるお金をチェック。将来いくら貯めなければいいのかを算出します。ステップ4まできたら、家計の見直しポイントのチェックです。支出を減らし貯金を増やすポイントを探っていきます。

将来のライフプランに合わせ、収入から預金、固定費、特別支出費を引いた残りが、ひと月に「使えるお金」である音を再認識し、一度しっかりと収入に見合った暮らしができる仕組みを作ることができれば、家計簿をつけなくても貯まる家計になるはず。

理屈はわかっているけれど、なかなか具体的に行動にうつせないでいると言う方は、ぜひこのタイミングで家計の見直しにチャレンジし、新しい年を気持ちよくスタートしたいですね。

「書けば貯まる!共働きにピッタリな一生モノの家計管理」
著者:塚越 菜々子
発売日:2020年12月7日
定価:1,500円
出版社:翔泳社

amazonで買う

お問い合わせ先/翔泳社
https://www.shoeisha.co.jp/book/detail/9784798167244

ミソシル編集部
この記事をかいた人
ミソシル編集部

第2のお母さんとなって、育児や家事をサポートする”おせっかいな”ご家庭サポート「東京かあさん」によるWEBメディア『ミソシル』は、働く女性や子育て中のママたちに役立つ情報やニュースをお届けします。

東京かあさん

#TAGタグから探す